和歌山県

世界一統

「世界一統」とは、2代目南方常楠の時代(明治40年)に名づけられました。早稲 田大学の創立者であり、内閣総理大臣を務め、歴史に名を残した大隈重信候に常楠が師事したことにより、候が紀州高野山に参詣の折、酒銘の選定をお願いした ものです。気宇壮大な候は「世界を統一」する「酒界の一統」たれといった意味により、ここに「世界一統」と命名されました。

Sekaiitto Shuzou (Wakayama)

Sekaiitto was officially named by Tsunegura Minakata in 1907. Sekaiitto stands for uniting the world together. They have the deep passion for the future of Japanese sake and aim to make their customers satisfied.

 

名手酒造店

正統な純米酒を醸すにあたり地元の伝承を背負う覚悟を示すとともに、万葉の昔を偲べるような、まろやかな味わいを目指したことから酒銘とした「黒牛」。地元では圧倒的に純米酒が飲まれ、首都圏はもとより海外進出も果たしています。