ホーム

ご挨拶
お酒を飲む、食事をする。その行為は人間の本能的部分を満たしていくものですが、とりわけ美味しいものを飲んだり、食べたりすると、人は何とも言えない人間味溢れる「いい表情」をします。多くの人たちからこの「いい表情」をできるだけ見たい、老若男女を問わず公平にすべての人が享受できる世界をつくりたい、それが名酒センタースタッフ一同の想いです。
その先にあるものは、より洗練された酒文化であり、食文化です。社会の進展と共により昇華されて然るべきなのが文化です。この文化をとおして人々の品性なり美学もそれぞれに生まれ、精神的に豊かな社会が実現します。たかが酒、たかが食ですが、されど酒、されど食でもあるのだと思います。でもまだ不十分不完全な社会のように思えます。
私たちのやる事、やらなければならない仕事はまだまだ山のように積まれている気がします。今日まで酒文化を確立するために注力してきましたが、今後は関連する食文化も取り込んで豊かな食文化の向上をめざしていきたいと考えています。