石井酒造

しあわせの手と書いて幸手(さって)と読みますが、この幸手市で、20代の蔵元と杜氏が新しい酒造りを目指して努力しています。季節に合わせて続々と登場するニューフェイスをお見逃しなく。