【Tokyo SAKE Collection 2021についてのご報告】

 日本酒の魅力を多くの方々に伝えるイベント「Tokyo SAKE Collection 2021」を6月5日に、神田明神ホールにて開催いたしました。新型コロナウイルスの影響により昨年は中止、延期としたイベントで、本年は収容人員を半数に抑えての開催となりました。

 開催から2週間が経過しましたが、 ご参加いただいた皆様方、関係者の皆様また関わってくださったスタッフからの新型コロナウィルスの感染報告はございません。

 皆さまの各種感染症対策へのご理解とご協力に、心より御礼申し上げます。

 今年は感染対策を徹底して開催出来ると思っていた矢先、緊急事態宣言によって酒類提供自粛要請がありました。年々消費量が減少傾向の日本酒業界にとっては、大打撃です。

私達は、全国各地で丁寧に造っている日本酒の魅力を東京から発信すべく、「名酒センター」という店舗を起点として様々なイベント活動を行ってまいりました。今回はお酒好きの声優さん方にご協力いただき、普段日本酒とあまりご縁のない方々にも日本酒の魅力を伝える絶好の機会と考えていました。

 この機会をなんとか繋ぎたい、このような状況だからこそ、お酒の良さを忘れないで欲しい、運営一同その一心で、延期や中止ではなく、開催にこだわりました。

 そこで私たちは、その場での飲食を禁止し、安全な開催を目指しました。皆様にご協力いただき、さらに温かいお言葉をもいただき、励みになりました。様々なお酒を飲み比べて楽しんでいただくイベントから、お酒を持ち帰っていただくように変更した後も、チケットの払い戻しはほとんどない状況での開催となりました。

 トークショーの観覧については、直前での内容変更等などが重なり、多くの方々にご心配をおかけしてしまいました。日本酒サーバー「のまっせ」の動作不具合につきましても、提供者に今後に向けて改善のお願いをしております。色々とご不便おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 運営一同、反省点が多々残るイベントとはなりましたが、ご参加いただいた多くの皆様のコメント、ご自宅で持ち帰ったお酒を楽しむ様子も拝見し、本当に開催して良かっと、大きな一歩を踏み出す事が出来たと実感しております。何より、日本酒の美味しさを改めて実感したという多くの方からのメッセージに、開催に踏み切った意義を感じております。

本当にありがとうございました。

今回の反省点を活かし、より良いイベントに出来るよう、精進いたします。

名酒センターでは引き続き、会場や前夜祭、後夜祭でゲストのおふたりにもお楽しみいただいたお酒やおつまみを御茶ノ水の名酒センター店舗やオンラインで販売しています。

緊急事態宣言が解除され、19時ラストオーダーの時短営業ではございますが、店内での飲食営業も再開いたしました。
お立ち寄りいただけましたら幸いです。

この様な状況の中、お酒は忌避される傾向がありますが、人生を少し豊かにしてくれるものがお酒だと、私達は信じております。

たかが酒、されど酒です。

次回は是非、皆様で大きな声で、杯を重ねて乾杯が出来る事を心より願っております。

今後ともサケコレをどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
                               Tokyo SAKE Collection 2021 運営事務局一同