福島県

末廣酒造

代表銘柄「末廣」

嘉永三年(1850)の創業。昔ながらの完全なる手造りと最新鋭テクノロジーの共存により、酒造りは大きく進化を遂げています。ただ、酒造家末廣酒造としての想いは、会津の水、会津の米、そして会津の人々で造りあげる正真正銘の地酒を造ること。山廃造りの発祥蔵でもあります。

 

http://www.sake-suehiro.jp/

 

渡辺酒造本店

代表銘柄「雪小町」

明治4年、地元向けの御神酒酒屋として創業されました。緑豊かな風土の中で酒造好適米の生産にも精力を注ぎ、地元産の酒米を自社田と契約農家とで栽培しています。その酒米の特性を生かしながら、しっかりとした味わいのなかに、やわらかさを持たせた酒造りを目指しています。

Watanabe Shuzo Honten started to make their sacred sake for locals in 1872. They own a rice field that produces a brand of Fukushima rice. They concentrate to make the most appropriate rice for their sake with contracted rice farmers. Their sake compliments the characteristics of their rice, which brings out a softness in their sake.

 

奥の松酒造

越後杜氏の伝統の技と心を受け継ぎ、地元の蔵人が越後流の酒づくりによる二本松の酒を醸します。二百九十余年という長い歴史の中で培われた揺るぎない自信と、つねに進化を指向する柔軟な姿勢。奥の松の長い歴史は、厳しさと愛情に満ちた名酒のふるさとです。

Okunomatsu inherited traditional skills by their chief brewer from Northern Central Japan. They developed their confidence from practicing their craft for over 300 years. They promise to be true to their name. A long history of Okunomatsu sake has established a special love for sake that many people enjoy.

 

http://okunomatsu.co.jp/