イベント

この機会に改めて名酒センターの歴史をご紹介します

この機会に改めて名酒センターの歴史をご紹介します。

月刊ビミーの創刊は「名酒センター」が誕生するずっと前の1985年の7月。発行当初の世の中はまさにバブリーな時代。日本酒は課税額によって異なる級別があり、戦後の名残である三増酒(三倍増醸酒)が幅を効かせていたにも関らず、今まで市販されていなかった大吟醸酒が飛ぶように売れるようになっていった時代です。大吟醸のフルーティな香り、スッキリとした飲み口に、初めて飲んだ人々は日本酒を見直し、それを知った酒販店は大吟醸を仕入れました。

全国の酒蔵から、高級酒が首都圏に集まってきたのです。それまで大吟醸は、技術を磨く酒として少量を造って全国新酒鑑評会に出品するだけだったのに、大吟醸の市場ができあがることで、広く知られるところとなりました。そんな中、浮かれた市場を希有する人々も現れました。華やかなお酒だけが美味しいわけではない、酒造りとはこういうものだ。純米がいい。いや本醸造がいい。いつしか日本酒のコミュニティができていき、そこには酒販店さん、酒蔵さん、愛飲家が集いました。月刊ビミーの編集室はいつもそんな方々で賑わっていました。

巻頭ページは著名人の酒談義を掲載していました。阿部寛さん、安部譲二さん、松崎しげるさん、梅沢富美男さん、山本晋也さん、香西かおりさん、内藤やす子さん‥等たくさんの方々の貴重な酒への想いを聞かせていただきました。

他ならぬ各地の地酒が人々を惹き付けました

やがてバブルが崩壊。1980年代の頃は全国の酒蔵の数は約三千場。今ではほんの三分の一程しか残っていません。酒販売店も多くが店を閉めていきました。時代の波に翻弄されながらも日本酒専門誌月刊ビミーは、今年で創刊33年を迎えようとしています。各地の日本酒専門店さんにご購入いただき、多くのお客様に、今もお配りいただいております。

巻頭ページは著名人の酒談義を掲載していました。阿部寛さん、安部譲二さん、松崎しげるさん、梅沢富美男さん、山本晋也さん、香西かおりさん、内藤やす子さん‥等たくさんの方々の貴重な酒への想いを聞かせていただきました。

こうしてできあがった名酒センターです。昔から通い続けてくださる常連様がたくさんいらっしゃいます。昨今の日本酒ブームの流れで、日本酒になじみのなかった若い方々もたくさんいらっしゃいます。日本国のみならず、世界からやってくる人々がいます。

他ならぬ各地の地酒が人々を惹き付けます。何百銘柄あろうと、ひとつとして同じ味はありません。酒蔵の個性は様々、味わいも様々です。長年の月刊ビミーの発行を通して、また名酒センターを開設して我々が学んだことは、後にも先にも、お蔵元の人となりが、お酒に写し出される、ということでした。

酵母、米、水の違いはありますが、それぞれをどう扱うのかの人の判断、気持ちによってお酒の姿が大きく変わっていきます。
京都に「菌塚」があります。日本酒で仕様した酵母菌、乳酸菌などの菌に感謝をし、それを弔うものです。まさに日本人ならではの考え方です。微生物への感謝の気持ちを持ちながらも清酒を造る、そういう気持ちが日本酒の味わいに反映されます。

並行複発酵、火入れ、炭濾過等、日本人が編み出した世界に誇るべき酒造りの技術です。日本人ならではの技術を継承する蔵元の人となりを伝える場、それが月刊ビミーであり名酒センターです

2017年7月には、名酒センター初の支店、「名酒センター御茶ノ水店」がオープンしました。無事に1周年を迎え、より多くのお客様へ魅力的な日本酒をご紹介する場となっております。

自由に楽しめる場、それが名酒センターです

小説を読むのに、書かれた言語が読めることは必要ですが、他にルールを学ぶことはありません。お酒を飲むのに、お酒の造り方を勉強する必要もなく、何かを知っていなくてはならない、ということもありません。勿論、極めて探求していく方は、どこまでも極めていってください。お酒と向き合いながら、ご自分の好きなように楽しんでください。

名酒センターでは皆様が安心してお酒を楽しめる空間と、機会を作り続けていきたいと考えています。この度の移転先は幸い現店舗の数分先の場所です。現店舗のスタイルで、さらに皆さまにとって心地良い場となるよう、スタッフ一同努力して参ります。

 

オリジナル酒について
とんでもねえに続き、先代がよく口にしていた言葉を銘柄にしました。
この18年間、多くの方々にご支援いただき、「かたじけねえ」という気持ちをラベルにしました。
お酒の中身は、スタッフが信州銘醸のお酒を厳選させていただき、決定しました。
長野県の和田峠に湧き出る黒耀の超軟水を仕込水に使用し、絹のように滑らかで、喉越しの冴えは珠玉の味。どんな温度帯でも楽しんでいただける特別純米酒です。
「解体前の名酒センターで最後の!本当に最後の!呑み尽くしパーティー」で初お披露目。さらにこちらのイベントご参加者全員へプレゼントいたします。

「いよいよの新店舗リニューアルオープンパーティー」

新しくなった名酒センターお披露目!
★「いよいよの新店舗リニューアルオープンパーティー」
ニューアルオープンのために入荷したお酒飲み放題!
参加費:2,800円
開催日:11月11日(日)立ち呑みの日
ご参加時間帯を下記よりお選びください。
第一部:13:00〜14:00 第二部:14:30〜15:30 第三部:16:00〜17:00 第四部:17:30〜18:30
■1時間制(L.O10分前)
■新店舗へ入荷した約100種類の普通酒から大吟醸まで、全て呑み放題
■各回20名様まで
■おつまみ持込み自由
■完全予約制

■会場:新店舗(東京都港区浜松町2-11-16 稲葉ビル1F)
お問い合わせ先:sakata@nihonshu.com(担当:坂田)
お申し込み期限:10月31 日まで

お申込み先はこちらです↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/a19478b8154303

 

 もう二度とない、お店の口開け!お酒の口開け!1グループのみの超限定イベントです!
★「オープン前新店舗で口開け貸切日本酒パーティー」
新店舗の新しい冷蔵庫には各地の酒蔵から届いたお酒がずらりと並びます。約100種類の普通酒から大吟醸まで、あなたの手で栓を開けてください。おつまみはお持込み自由です。二次会、記念日のパーティーなどのご利用にもどうぞ。
貸切料金:200,000円
開催日:11月9日(金)開催時間:18:00〜20:00
■2時間制(L.O15分前)
■約100種類の普通酒から大吟醸まで、全て呑み放題
■定員:25名様迄
■おつまみ持込み自由
■お申し込み後、10日以内に予約保証金20,000円お支払いいただき、
残金はご予約日の5日前までにお支払いお願いいたします。
お問い合わせ先:sakata@nihonshu.com(担当:坂田)
お申し込み期限:10月26日まで

お申込み先はこちらです↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/a19478b8154303

 

※価格は全て税込みです。

名酒センター移転のご案内&感謝のお別れパーティー

この度、「名酒センター」(名酒センター株式会社 本社:東京都港区浜松町2-3-29 磯山第二ビル1F)が少しだけ、お引越しします。浜松町2丁目にて18年間お世話になりましたが、浜松町2丁目大規模再開発に伴い移転となりました。新店舗(東京都港区浜松町2-11-16 稲葉ビル1F)は現店舗から徒歩2分程の場所です。現店舗の閉店は2018年10月末、新店舗オープンは2018年11月11日(立ち呑みの日)を予定しています。18年間の感謝を込めて、またリニューアルオープン記念として、皆さまに御礼の気持ちを込めて、4つのイベントを企画いたしました。新旧名酒センターにて、この日だけの特別イベントです。また、オリジナル酒「かたじけねえ」の販売も開始いたします。

18年間の感謝を込めて、またリニューアルオープン記念として、皆さまに御礼の気持ちを込めて、4つのパーティーを企画いたしました。新旧名酒センターにて、この日だけの特別イベントです。日本酒を通して皆様のお役にたてますことを願っております。リニューアルオープンとなる浜松町本店、御茶ノ水店共々、これからも変わらぬご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝のお別れパーティー
最後の最後まで呑み尽くしてください!
★「解体前の名酒センターで最後の!本当に最後の!呑み尽くしパーティー」
参加費:12,800円
開催日:11月3日(土)
開催時間:17:00〜20:00
■3時間制(L.O15分前)
■約100種類の普通酒から大吟醸まで、全て呑み放題
■お世話になったご近所の宇多美寿司さんの特製寿司折詰+オリジナル酒&お猪口付き!
■限定30名様
■この店舗で飲めるのは、本当に最後です!皆さんで冷蔵庫を空っぽにしていってください
■開催場所:名酒センター現店舗(港区浜松町2-3-29磯山第二ビル1階)
お問い合わせ先:meishu@nihonshu.com(担当:竹林)
お申し込み期限:10月31 日まで

お申込み先はこちらです↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/1eb6765d154366

★店舗を貸し切って1日店主or貸切忘年会」
気の合う仲間を集めて貸切日本酒パーティー、日本酒セミナー等、一度はやってみたかった、いや将来やりたいかもしれない「店主」の体験の場にしたり、また平成最後の忘年会、二次会の場としてのご利用はいかがですか?
皆様のご要望を、解体前の現店舗で実現させてください。

一升瓶10本のプレゼントのお酒については、開催イベントのテーマに合わせて名酒センターのスタッフがご相談に応じます。秋あがりのお酒の後は、しぼりたてが各蔵元から発売されます。そんな季節のお酒をテーマにしたり、ご自分のご出身地のお酒だけを入れたりと、お酒のコーディネイトが可能です。おつまみ、他のお酒はお好きなものをお持込みください
貸切料金:100,000円

下記日程からお選びください。
11月21日(水)16:00〜21:00
11月24日(土)14:00〜19:00

11月25日(日)14:00〜19:00
11月28日(水)16:00〜21:00
11月30日(金)16:00〜21:00
12月1日(土)14:00〜19:00
12月2日(日)14:00〜19:00

12月5日(水)16:00〜21:00
12月7日(金)16:00〜21:00
12月8日(土)14:00〜19:00
■定員目安:30名様程度(事前内覧可能)
■日本酒一升瓶10本付きです。(余ったお酒はお持ち帰りいただけます。詳細はお問い合わせください)
■プレゼントのお酒以外の店舗のお酒はお飲みいただけませんが、他のお酒のお持ち込は可能です。
■おつまみはお持込みいただけます。(IHのみ貸出可) ■清酒用プラカップご提供ができます。
■事前予約の方以外の、不特定多数の方々を対象にした営業はご遠慮ください。
■ゴミは店舗で処理します。
■必ず22:00までに片づけていただくようお願いします。
■22:00以降のご利用はご遠慮下さい。(万が一お時間を超える場合は、10分ごとに超過料金2500円を頂戴いたします)
■お申し込み後、10日以内に予約保証金20000円お支払いいただき、残金はご予約日の5日前までにお支払いをお願いいたします。
お問い合わせ先:meishu@nihonshu.com(担当:竹林)
お申し込み期限:開催日の14日前まで

お申込み先はこちらです↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/1eb6765d154366

 

 

 

10月1日 日本酒の日 イベント

平素は、ご愛顧いただきありがとうございます。
名酒センターは18年間、この浜松町2丁目で営業をしてまいりました。ところが再開発による移転で、引っ越し先を探しておりましたところ、運よく数メートル先の場所にリニューアルオープンの予定が決まりました。オープンは11月を予定しており、只今、新店舗内を工事中です。

そんな中、10月1日は日本酒の日ということで、工事中ではありますが、いち早く新店舗にて、日本酒の日イベントを開催いたします。名酒センターの再出発の過程を肴に、日本酒三昧の時間をお楽しみいただこうという、二度とない催しです。

皆様、お誘い合わせの上、ご参加ご検討いただけましたら幸いです。

日本酒の日 秋に美味しいお酒飲み放題

開催日:10日1日(月)

開催時間:16時30分~20時30分

参加費:1500円(1時間飲み放題 ラストオーダー5分前)

お申込み方法:お申込みの方、またはお申込み代表者(複数の場合は人数)の方のお名前、ご年齢、ご連絡先、いらっしゃるお時間をお知らせください。

開催場所:名酒センター浜松町本店 工事中の新店にて

(東京都港区浜松町2-11-16 稲葉ビル1F)

お申し込み、お問い合わせ先
meishu@nihonshu.com

電話:03-5405-4441

「9月 名酒センターお蔵元を囲む会」

9月30日(日曜日)

開催時間:16時半~18時半

開催場所:名酒センター御茶ノ水店

参加費:3800円(酒肴付き)

お申込み先:meishu2@nihonshu.com

ご参加希望日、ご参加者全員のお名前とご連絡先をお知らせください。

(参加蔵元)

「〆張鶴」宮尾酒造(新潟)

「金升」金升酒造(新潟県)

「美寿々」美寿々酒造(長野県)

テーマアル添

日本酒は純米酒しか飲まない、醸造アルコールが添加されている普通酒や本醸造、吟醸酒は悪酔いする。そんな悪い噂もある昨今ですが、現代の醸造アルコールは糖蜜やトウモロコシ等が原料で、味わいをスッキリさせるためだったり、防腐効果のためだったりと、醸造アルコール添加は、蔵人の技術が光る大切な工程のひとつです。

決して悪者ではないのです。

そんなアル添の妙技を詳しく知りたいマニアな方も、ただただ日本酒を楽しみたい日本酒ビギナーの方も大歓迎です!

お申込みはmeishu2@nihonshu.comまで、お名前、ご参加人数をお知らせください。
※5日以内にご返信いたします。5日経ってもご返信がない場合、お手数ですが03-5207-2420(14:00以降、月曜定休)までご連絡をお願いもうしあげます。

毎回満員御礼のイベントですので、お申込みはお早めに^^

 

 

「2018年名酒センターお蔵元を囲む会」年間予定

(*何らかの都合で変更する場合もあります)

★日時2.25(日)終了!

テーマ

参加蔵元:名手酒造店(和歌山県)、簸上清酒(島根県)、蒲酒造場(岐阜県)

★日時3.25(日)終了!

テーマ

参加蔵元:信州銘醸(長野県)、東京港醸造(東京都)、千代むすび酒造(鳥取県)

★日時4.29(日)終了!

テーマ酵母

参加蔵元:笹祝酒造(新潟県)、中谷酒造(奈良県)、伊藤酒造(三重県)

★日時5.27(日)

テーマ終了!

参加蔵元:一宮酒造(島根県)、大利根酒造(群馬県)、竹野酒造(京都府)

★日時6.24(日)終了!

テーマ火入れ

参加蔵元:竹田酒造店(新潟県)、近藤酒造(群馬県)、後藤酒造場(三重県)

★日時7.29(日)

テーマ濾過 終了! 

参加蔵元:奥の松酒造(福島県)、山岡酒造(広島県)、金鳳酒造(島根県)

★日時8.26(日)終了!

テーマ搾り

参加蔵元:宇都宮酒造(群馬県)、田村酒造場(東京都)、森民酒造本家(宮城県)

★日時9.30(日)

テーマ:アル添

参加蔵元:美寿々酒造(長野県)、金升酒造(新潟県)、宮尾酒造(新潟県)

★日時:10.28(日)

テーマ温度

参加蔵元:天鷹酒造(栃木県)、鳳鳴酒造(兵庫県)、久保田酒造(広島県)

 

 

 

お蔵元を囲む会 年間スケジュール