【蔵元訪問記】内ケ崎酒造店

2023.11.17

走る、走る!上る、降りる、走る、走る・・・。

早朝6時から、止まることのない酒蔵の作業。16代目蔵元である内ヶ﨑啓氏(35歳)が、杜氏として精一杯の奮闘を重ねる。

ここ内ヶ崎酒造店は宮城県最古の酒蔵だ。初代内ヶ﨑筑後(後に織部と改名)が伊達政宗公の命により富谷に宿場を設け、二代目作右衛門が酒造業を寛文元年(1661年)に開始。創業以来350有余年の歴史を抱え、今、内ケ崎酒造店の酒蔵には令和の新しい旋風が起こっていた。

今は自然に筋肉がついて

 

●お忙しい時期に、お時間いただいてありがとうございます。蔵元とは何度かお会いしていますが、随分逞しくなられたようですね。

大学卒業後に出羽桜酒造さんで学ばせていただいたのですが、その頃は筋力がなく、酒造りのために筋力をつけなさいと、筋トレするように言われてました。

今は自然に筋肉がついて。1週間にタンク1本仕込むことにしてまして、洗米から蒸し、麹造り、添え仕込み‥など、あれもこれもとスケジュールいっぱいです。

●東北大学では農学部で、酒造りの経験はなくて出羽桜酒造さんへ行かれたんですね

そうです。最初はラベル張りからでしたが、造りはしんどくて、心折れそうになりました。ただ最後の年に、大吟醸を洗米から社長の指揮の元に造り、これはめちゃくちゃ嬉しかった。この酒が全国新酒鑑評会は金賞でした。

良い成功体験でした。自分も酒造りできちゃうかもと、かわいらしい自信を持ち帰れました。出羽桜酒造のお蔵元や杜氏さんとは今でも、交流があります。

人間必死になると何とかなるもの

●内ケ崎酒造店に帰ったときは南部杜氏さんがいらした

はい。5年は杜氏の元で酒造りをしていましたが、出羽桜さんとは全然違う。

米も環境も、麹の造り方も違う。南部杜氏さんは麹を「突きはぜ」にします。

あたふたしてました。毎日勉強だなと…。杜氏さんは5年で引退すると聞いていたので、自分の現状を自覚しなきゃと必死でした。

麹室内の作業。今年の米はガチっとしているという

でも人間必死になると何とかなるのものなんですね。5年後には結果、二人で酒造りをすることになりまして、僕は麹と醪は見られる、もうひとりは酛と搾りができるというから、これなら大丈夫!と二人で協力していきました。

だけど百聞は一見にしかずで、見るのと触るのとは違った。杜氏さんいなくなって自分で全部解決しなきゃならなくなって、わかってなかったことがどんどん増えてきました。それをひとつひとつ解決していった。自分で考えて、やっと見えてきました。

すべての酒を槽で搾ることに

●戻られて11年、杜氏さんになって今年で6造り目。今年の全国新酒鑑評会では金賞を受賞。以前から変えたことは?

純米大吟醸鳳陽 金賞受賞酒
全国新酒鑑評会では宮城県の新しい酒造好適米「吟のいろは」を100%使用して金賞を受賞

すべての酒を槽で搾ることにしました。醪を入れる袋は冷蔵庫にしまって、使うときにだけ持ってくる。ステンレスにして掃除がしやすく、衛生的に良い。何といっても酒の味がいいんです。

槽の微調整は指の太さで計る

タンクは温度調整ができるサーマルタンクを入れました。濾過も変えて、今流行りの「SFフィルター」を使います。

槽で搾った酒がSFフィルターに通るか心配でしたが、通りました。以前は珪藻土のフィルターでしたが、SFフィルターはスピードが速い。酵母も今年は新しいのを使います。

●大改革ですね。そんな中でも大切にしていることは?

麹は重さを計りますが、手で触ってみて初めて米の状態がわかります。醪のデータを採るだけでは意味がない。見た目、匂い、櫂入れしたときの米粒の感覚から、自分の感覚で情報を見ていきたい 。

分析室にて日本酒度を計る

●ご自分で一番カワイイと思うお酒は?

『純米大吟醸 蔵の華』。すごく苦労しました。米が固くて浸水は30分かかります。「山田錦」は8分くらいなのに。麹も生えにくく、寝ないで1時間おきに見てました。最近はいい感じになってきましたよ。

●方向性が固まってきたとのことですが、今後はどんなお酒を造っていきたいですか?

柔らかいお酒、飲んでいてほっとする酒、香りはきれいにふわっとあれば、食事も華やぎます。

蔵元杜氏・内ケ崎氏は辰年産まれ。2024年は年男でますます酒造りがパワーアップしそう

【内ケ崎酒造店】
〒981-3311宮城県富谷市富谷新町27 TEL. 022-358-2026

HP:鳳陽〜内ヶ崎酒造店〜 – 創業寛文元年(1661年)宮城県最古の造り蔵 (uchigasaki.com)

過去記事一覧

【蔵元訪問記】平六醸造(ひらろくじょうぞう)

2024.02.27更新

【蔵元訪問記】名手酒造店

2024.01.30更新

【蔵元訪問記】笹一酒造

2023.12.29更新

【蔵元訪問記】宇都宮酒造

2023.10.27更新

【蔵元訪問記】越後酒造場

2023.09.02更新

【蔵元訪問記】笹祝酒造

2023.07.18更新

【蔵元訪問記】石本酒造

2023.06.10更新

【蔵元訪問記】田村酒造場

2023.05.23更新

【蔵元訪問記】伊東酒造

2023.04.22更新

【蔵元訪問記】美寿々酒造

2023.03.10更新

【蔵元訪問記】権田酒造(埼玉県)

2023.02.15更新

【蔵元訪問記】伊藤酒造(三重県)

2023.02.12更新

【蔵元訪問記】信州銘醸(長野県)

2023.01.08更新

【蔵元訪問記】王紋酒造(新潟県)

2022.11.12更新

【蔵元訪問記】菊水酒造(新潟県)

2022.08.15更新

【蔵元訪問記】末廣酒造(福島県)

2022.06.26更新

【蔵元訪問記】近藤酒造(群馬県)

2022.06.15更新

【蔵元訪問記】大利根酒造(群馬県)

2022.05.15更新

【蔵元訪問記】塩川酒造(新潟県) 

2022.05.01更新

【蔵元訪問記】 明利酒類(茨城県)

2022.04.15更新

【蔵元訪問記】無法松酒造(福岡県)

2022.02.09更新

【蔵元訪問記】土井酒造場(静岡県)

2022.02.04更新

【蔵元訪問記】藤井酒造(広島県) 

2022.02.04更新

【蔵元訪問記】田村酒造場(東京都)

2022.02.02更新

【蔵元訪問記】猪又酒造(新潟県)  

2022.02.02更新