協賛蔵元

世界一統

代表銘柄「世界一統」

http://www.sekaiitto.co.jp/

「世界一統」とは、2代目南方常楠の時代(明治40年)に名づけられました。早稲 田大学の創立者であり、内閣総理大臣を務めた大隈重信氏に常楠が師事したことにより、大隈氏が紀州高野山に参詣の折、酒銘の選定をお願いした ものです。気宇壮大な候は「世界を統一」する「酒界の一統」たれといった意味により、ここに「世界一統」と命名されました。

Sekaiitto Shuzou (Wakayama)

Sekaiitto was officially named by Tsunegura Minakata in 1907. Sekaiitto stands for uniting the world together. They have the deep passion for the future of Japanese sake and aim to make their customers satisfied.

 

 

 

 

鳳鳴酒造

代表銘柄「鳳鳴」

丹波杜氏のふるさと(兵庫県篠山市)で、寛政9年(1797年)の創業以来200有余年の間、「酒は文化なり」を基本姿勢に、丹波の特産品や文化を大切にした酒造りをしています。2001年より、「ほろ酔い城下蔵」をオープン。200余年の伝統と歴史が見学できます。

One of Houmei Shuzou’s fundamental principals is that they believe that sake is part of Japanese culture and they have believed that since they started making sake in 1797. They have a tour at Horoyoi Joukagura in Sasayama City, which makes it easier for sake lovers to study the culture of their sake.

蒲酒造場

代表銘柄「白真弓」

「白真弓」は、【ひだ】にかかる枕詞「しらまゆみ」に由来しています。現在では、古川人の気質を言い表す「やんちゃ酒」など多彩なお酒があります。コクがあってなおかつ後味がすっきりとする、うまさを感じながら飲める酒たちです。

Kaba Shuzo started in 1704. They have been creating sake with rice from Hida for over 300 years. Shiramayumi is named after an 8th Century anthology of a traditional Japanese book of poetry, Manyoushu. It has a great after taste with a touch of fresh flavor.

 

國喗酒造

代表銘柄「國喗」

淡麗型でなく、旨味を引き出すということは、全てにおいて吟味を重ね、油断の許せない酒造技術が必要となります。そこを蔵元杜氏の技術で実現している酒です。

What makes the Kokki brand different from any other sake, is its compatibility with food. Sake from Kokki can go very well with seafood, as such as removing the distinct fishy smell of the food. Kokki aims to bring out the flavorful rice taste of the sake. It requires a high skill to isolate the flavor of the rice without compromising the overall taste of the sake.

 

http://www.kokki.jp/

 

一宮酒造

代表銘柄「石見銀山」

島根県大田市で酒造りを始めて百有余年、酒米にこだわり、雄大な三瓶山の麓から湧出する清冽な水により、「旨い!」と言われる酒造りに徹しています。今、20代の女子が奮闘して酒造りをしています。世界遺産登録された「石見銀山」近くに蔵元があります。

Ichinomiya Shuzo started from Ota City, Simane. The place is famous for its World Heritage site Iwami Ginzan Silver Mine and Mt. Sanbe.

Using carefully selected rice and spring water from Mt. Sanbe, Ichimiya Shuzo has been devoted to making great sake for over 100 years.