誌面ビミーで長年連載している中沢けい氏の「酔々日記」です。文士の筆遣いに、日本酒が気持ちよくあふれでてきます。

【中沢けいの酔々日記】江戸切子の盃

2022.05.25

夏の日本酒はちょっと苦手。冷酒でも、飲むと身体が火照る。寒い時に身体を暖めるにはありがたいお酒でも、夏はそれが仇になる。身体が火照るだけならいいが、蚊もよってくる。だから夏は日本酒を遠慮したいのだが。

もうずいぶん昔、スーパーの店頭ワゴンで江戸切子の盃を買った。紺色のガラスで、盃の底にだけ切子の文様が入っている。買物に出たついでに、手持ちのお金で買えた盃だから、それほど高価なものではない。この盃の出番は夏にしかない。冷やしたお酒をほんの一口だけ飲もうかなと誘惑の盃だ。

入梅鰯と言う、梅雨の頃の鰯は脂がのってうまい。麦烏賊と言う。麦の実る頃の烏賊はまだ大きく育っていないので、柔らかい。麦烏賊は刺身より煮つけが好きだ。鰹が並ぶ魚屋の店先に鮎の稚魚が出てくる。天婦羅にしてもいいのだけど、山椒と一緒に甘辛く煮つけたので、冷酒をほんの一口だけ飲むのも楽しい。川も海も初夏の気配だ。

八百屋の店先では蚕豆の出番が終わり、枝豆が出てくる。豆の実はまだ太っていない。はじかみ生姜が出回る。ビールの御供がお決まりだけど、あの紺色の江戸切子ガラスの盃にも似合う枝豆であり、はじかみ生姜だ。青上の季節でもある。枇杷も出てくる。

これ以降は有料会員様限定記事となります。
有料会員になると続きをお読みいただけます。
※無料会員登録後に、ログインのうえ、有料会員登録を行ってください。
※無料会員にご登録いただきますと、更新情報などのメールマガジンが配信されます。

過去記事一覧

【中沢けいの酔々日記】 お酒と汁もの

2022.01.24更新