人気ドラマ『孤独のグルメ』原作者である久住昌之さんがふらっと立ち寄ったお店、そこで嗜んだ地酒について気ままにつづります。

「有馬温泉で湯上り散歩夕飯酒」

2022.07.31

 取材で有馬温泉に初めて行った。関西の温泉はほとんど知らない。

 普段、一人旅の時は、朝食だけ付いた宿を取る。夕飯は、宿の周りや駅前を歩いて、よさそうな飲み屋に2軒ぐらい入って、それですます。それが楽しい。夕飯付きの宿だと、お腹いっぱいになって外飲みできぬ。

 でも、今回は、朝食夕食付きの宿を取った。有馬温泉のことを何も知らないし、歴史ある宿のご飯で、地酒を飲むのもいいと思ったからだ。

そうなると、それはそれで楽しい。神戸から電車に乗って、有馬温泉に行く。

 

 まだ日の高いうち宿に着いて、すぐに浴衣に着替えて、大浴場へ向かう。今回の宿は大浴場、というほど大きくはなかったけど、2種類の温泉があって、どちらも気持ちいい。やっぱり温泉は全然違う。ゆっくり湯に浸かって、出てきてもまだ表は明るい。夕飯にも早い。

有馬温泉街

 宿の草履を履いて、近所の温泉街をぶらぶら散歩。曲がりくねった坂道にワクワクする。あの店この店、お土産屋。

「ゴーン」とお寺の鐘が鳴って、さてそろそろ帰るか。部屋に戻って、畳にごろりとしたら、お待ちかね夕食の時間だ。スリッパ履いて、階段降りて、食堂へ。

 こういう流れがたまらない。

 以上の過程を経てから飲む、最初のビールのうまいことと言ったら、筆舌しがたい。仕事疲れ、旅の疲れが、蒸発するようだ。食堂がよかった。カウンター越しに厨房が見え、料理を作ってる様子も見える。一人でも楽しい。しかも俺は浴衣。これは居酒屋では味わえない夕餉だ。

これ以降は有料会員様限定記事となります。
有料会員になると続きをお読みいただけます。
※無料会員登録後に、ログインのうえ、有料会員登録を行ってください。
※無料会員にご登録いただきますと、更新情報などのメールマガジンが配信されます。

過去記事一覧

「東京駅構内で立ち飲み一杯」

2024.05.31更新

「武雄温泉でちょいと贅沢酒」

2024.04.30更新

「飛騨古川で、熱燗と中華」

2024.03.31更新

「修善寺のアジ寿司弁当とカップ酒」

2024.02.29更新

「さくら納豆」に、大いに戸惑う

2024.01.31更新

寿司屋のカニクリームコロッケ

2024.01.29更新

「石川県で、手取川を呑みながら」

2023.11.30更新

「ちょっとだけ遠い蕎麦屋で、祭りの一杯」

2023.10.31更新

「長野でおいしい野菜と旨い酒」

2023.09.30更新

「函館の冷凍イカと五稜」

2023.08.31更新

「野沢菜の天ぷらに救われた」

2023.07.31更新

「奈良でおからで地酒」

2023.06.30更新

「門司港の激シブ角打ちで、数年ぶりに飲んだ」

2023.05.31更新

「修善寺で蕎麦屋酒」

2023.04.30更新

「名古屋・堀田で見つけた名店」

2023.03.30更新

「浅草で旅の最後に立ち寄る店」

2023.03.03更新

「和歌山・田辺の炉端焼き、感動」

2023.01.30更新

「福井・若狭で、二泊三日の旅酒」

2022.12.31更新

道東の紅葉と天の川で、宿酒

2022.11.30更新

「新幹線の鶴亀と、究極の肴」

2022.11.01更新

「呼子のイカのサルサフリットで燗酒」

2022.09.30更新

「長崎駅で立ち飲みした日本酒」

2022.08.30更新

「神戸元町の老舗にて、金盃で乾杯」

2022.06.30更新

「津軽で、純米吟醸の燗酒に驚く」

2022.06.02更新

「阿部野の老舗で雨の昼酒に酔う」

2022.05.01更新

「浜松、鰻肝焼きとタコブツで一杯」

2022.03.31更新

久住昌之のふらっと旅酒 #001 新潟編

2022.02.14更新